竹割土留工法

急斜面上に構造物を建設する場合の土留工法。オープンカットでは長大な斜面が発生するため自然環境や景観に影響を及ぼし、斜面の安定性にも維持管理にも問題を生じます。そこで斜面上に吹付けコンクリートで築造したリング状のリングビームをガイドとして、掘削段階ごとにロックボルトと吹付けコンクリートで周辺地山を補強しながら垂直に掘削します。
  • 掘削形状が円形なので、掘削後、早期にコンクリートを吹き付けることで地山のゆるみを少なくできる。
  • 補強材を用いることで、地山の変型を抑制し、吹付けコンクリート壁に作用する土圧を軽減できる。
  • 大型の重機を必要としない。
  • 斜面を鉛直に掘削するので、掘削土量を削減でき自然環境への影響を軽減できる。
工種名 工種内容
山留方法 対応規格 主な使用機械
竹割土留工法 コンクリート吹付
ロックボルト
Ø7.0~ パイプクラム
BH
クロラークレン
モルタルポンプ
ロック削孔機

img_takewari img_takewari02