深礎工法

場所打ち杭工法の一種。人力で円形に掘削していき、ライナープレートなどを取り付けて土留めを行い、支持地盤まで到達後、内側に配筋してコンクリートを打設して杭を構築する工法です。
  • 人力掘削なので狭い場所や傾斜地でも施工が可能
  • 掘削面、支持地盤、コンクリートの打設状況などを直接目視で確認できる
  • 無振動・無騒音
工種名 工種内容
山留方法 対応規格 主な使用機械
深礎工法 ライナープレート Ø1.2~Ø8.0 深礎櫓
Ø1.2~Ø8.0 パイプクラム
Ø2.5~ 坑内BH・レッカー
深礎枠 Ø1.2~Ø4.0 深礎櫓
Ø1.2~Ø4.0 パイプクラム

img_kikaihori_shinso
img_shinso