ごあいさつ

株式会社忠武建基のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

私ども忠武建基は、20年にわたり橋を支え、道を支え、建造物などを支える基礎杭の深礎工事に携わってまいりました。掘る、固める、といった私どもの地道な作業が、人々の快適な生活や経済社会の発展を支える社会基盤の整備に結びついていることは、大きな喜びであり誇りであります。

時代とともに土木工事に求められるものも大きく変動してまいりました。技術はもちろんのこと、地山に対する影響など環境負荷の軽減、狭隘・急峻な条件の克服、コストの削減、そして安全面での配慮など、多岐にわたる課題は、そのまま工事の条件となっております。
それに対して私どもは、直営作業員にまず安全教育を徹底し、その上で20年蓄積してきた技術とノウハウを切磋琢磨して共有し、不屈の精神をもって多様な条件下での難工事を成し遂げてまいりました。

安全面では、現場での危険因子の分析を行い、作業員の気づき、たとえば「こうすれば安全に作業ができる」「ここが危ないから何とかならないか」といった声を具体的な施策に生かしております。また、子会社である株式会社ディッグにそのノウハウをフィードバックして安全設備の開発を行い、開口部周り等の土木工事の安全向上に努めております。

新たなインフラ創出など、土木の世界も新しい局面を迎えております。その基盤整備に貢献すべく、私ども忠武建基はこれからも技術力を磨き、安全面をより強固にして、フロンティア精神を持って尽力してまいります。


代表取締役社長 鴨下 髙則