深礎工法とは

現在施工されている場所打ち杭工法の中では最も古い杭工法。建物重量を地中の支持層に伝達する役目を担う杭を地中深く施工する杭工法の一種です。掘削は人力または機械で行い、ライナープレート、吹付けコンクリートとロックボルトで土留めを行います。掘削が完了したら、坑内で鉄筋を組み立ててコンクリートを打設して杭を形成します。

深礎工法の歴史

日本の深礎工法の歴史は古く、昭和5年(1930)に木田建業の木田保造によって深礎工法が開発されたといいます(北中克巳著・建築技術発行『指標場所打ち杭工法:良い杭をつくるために』より)。木田保造は銀座松屋や第一生命館などを手がけています。

img_about_shinso

掘削工作業順図
・準備作業 ・坑口人力整形掘削 ・坑口山留工
・資材の搬入 ・機械配置 ・坑口固定工(生コン打設)
・掘削段取   ・坑口保安設備設置
・坑口機械掘削    

about_shinso_zu01

・杭部機械掘削 ・杭部人力整形掘削
  ・山留材投入
  ・杭部山留工
  ・杭部保安設備設置

about_shinso_zu02